自分でやる浮気調査の方法があります

パートナーの浮気を疑っている人は、プロの探偵や興信所に浮気調査を頼む人がいます。
しかし、こういった調査には費用がつきものですから、あまりに費用が高いためにあきらめる人もいます。
そんな時には自分で浮気調査をしてみることです。
方法としては、まずパートナーの財布を見ることが一番簡単な方法になります。
財布にはいろいろな証拠が残っていることが多く、レシートなどが入っていると、お店にいった時間なども残っているのでわかりやすいです。
そのレシートの中でも、ホテルのレシートなどは捨てていることもありますが、薬局などで購入しているアルコール類や、コンドームなどの内容が載っていることもあります。
昼間であれば、この時間に買うにはアルコールは不自然ですし、コンドームの購入は間違いなく、浮気をしているということがいえます。
そして、意外と残しているのが駐車場のレシートになります。
普段はいかないような住所の駐車場のレシートが残っていると、その場所で何をやっていたのかわかります。